さまざまな病気を引き起こす悪玉コレステロール

現代人との関係

現代人と悪玉コレステロールについて

悪玉コレステロールはLDLコレステロールとも呼ばれており、危険なものとなっています。 何故危険なのかといいますと細胞内に取り込まれなかったコレステロールを血管内に放置してしまい、動脈硬化の原因となるためです。もし異常な数値となってしまったならば、生活習慣を見直すことが必要です。 現代の方はストレスが溜まりやすい環境となっています。ストレスを解消することはとても大切なことです。また肉の食べ過ぎというのも悪玉コレステロールを高めてしまいますので、青魚を食生活の中で取り入れていきましょう。マグロやイワシ等は不飽和脂肪酸を豊富に含んでいますので進んで食べるように心がけることが大切です。 野菜も血中コレステロールを低下させる働きがありますので、一緒に補うようにしましょう。

注意しなければいけない人はどういった人なのか

悪玉コレステロールと善玉コレステロールというのがありますが、問題となっているのは悪玉コレステロールです。 日本人の亡くなる原因となっている約4分の1は動脈硬化性疾患を含む心血管疾患となっています。これは癌で亡くなる方の割合とほぼ同じものとなっています。動脈硬化は悪玉が過剰に増えることで、血管が詰まってしまったり動脈硬化を進行させてしまったりということが起こります。 脂質異常症・糖尿病・喫煙・高血圧・高齢の方・慢性腎臓病・非心原性脳梗塞・抹消動脈疾患の方等は注意しなければいけません。特に注意すべきなのは脂質異常症の方です。何故かといいますと、脂質異常症の方は悪玉コレステロールが多すぎる、または善玉コレステロールが少なすぎるといった状態を指しているため冠動脈疾患の発症率は上昇するためです。

体にためない

体にとってよくない物質は、体にため込むとよくない結果をもたらします。そんな体に良くない物質の代表的な存在として、「悪玉コレステロール」があげられるのです。その予防法とは?

Read More

アントシアニンの成分

ブルーベリーサプリメントには、アントシアニンが含まれており、目をよくする働きがあります。体の中に吸収出来るように作られているので、積極的に摂取するようにしましょう。

Read More

便秘は解消しよう

排便を毎日することで肌荒れが防ぐことが出来ますが便秘になってしまうと、腹痛や肌のトラブルなどが起こりやすくなるのです。便秘にならないようにするためにも、運動や水分などは欠かせません。

Read More

特定保健用食品

食事をする時栄養が偏ってしまうと場合によっては、コレステロール値が上る可能性もあります。下げるためにもヨーグルトや炭酸飲料などの身近な食べ物で、自分にあった方法を見つけましょう。

Read More

野菜を効率よく

健康診断で栄養が不足していると言われた場合は、しっかり食べることが大切です。野菜も積極的に摂取するよう心がけると、ダイエットにもなるので体の健康を維持することが出来ます。

Read More